スポーツやイベント

ロードバイクにレンタルのGPS発信機を取り付ければ盗まれても追跡ができる

ロードバイクといったスポーツバイクに乗って、日常的な移動からサイクリングまで楽しむ人が多くいます。そのようなロードバイク乗りを悩ませているのが、盗難被害です。ロードバイクはエントリーモデルでも10万円ほどの価格で販売されていますし、高級なモデルになると50万円以上するものもあります。
また、ロードバイクは軽い乗り物なので、盗んで持ち運ぶのも容易で、鍵をかけていたとしても、特殊な工具によって破壊されてしまうことがあります。
ロードバイクに乗っている人にとって、どうすれば大切な愛車を守ることができるのか、この問題に対する答えはかなり求められているといってもいいでしょう。
そんな中、今回提案したいのはレンタルのGPS発信機を使ったロードバイクの盗難に対する対処法です。レンタルのGPS発信機を使うことでロードバイクが盗まれたとしても、取り戻すことができるかもしれません。

ロードバイク

■ロードバイクのサドルバッグにGPS発信機を隠して入れておく

盗難に対する対処法の全体像としてバイクは、まず、ロードバイクのサドルバッグなどにGPS発信機を入れておきます。これだけでは、確かに盗難予防にはなりませんし、鍵をかけていたとしても実際に盗まれることがあるでしょう。
しかし、このGPS発信機が力を発揮するのは、盗まれた後の話です。GPS発信機によって、ロードバイクの現在位置を追跡することができるので、たとえ盗難の被害に遭っても、どこにあるかを追跡できます。
警察に通報をすれば、GPS発信機の信号を元に追跡を行っていけば、ロードバイクを見つける可能性が高いと考えれられます。

■GPS発信機もレンタルをすればリーズナブルに盗難対策ができる

この方法の問題点としては、それだけの精度と追跡範囲を持つGPS発信機は高価なのではないかという点です。いくら高級なロードバイクを守るためとはいっても、それだけのGPS発信機ではコストがかかります。では、レンタルではどうでしょうか。サイクリングに行くときだけGPS発信機をレンタルし、使った分だけの料金を支払う。レンタルでもGPS発信機による追跡は十分行えます。レンタルという方法であれば、リーズナブルにGPS発信機を使った盗難対策ができますね。GPS発信機をレンタルするという方法はあまりなじみがありませんが、ロードバイク乗りの切実な願望をかなえる手段の1つでもあるので、普及して欲しい物です。

■新しいロードバイクの盗難対策としてレンタルGPS発信機が定着して欲しい

サイクリングは週に1度、月に1度というペースで行っているため、レンタルのGPS発信機の利用による追跡を行ったとしても、費用的にはそこまでかからないでしょう。それよりも、大切な愛車の現在位置がリアルタイムで追跡できるというのはレンタルのGPS発信機の大きなメリットです。レンタルのGPS発信機の追跡機能を生かした盗難対策が定着していくといいですね。

■レンタルという選択肢でGPS発信機をうまく活用しましょう

GPS発信機をレンタルすれば、ロードバイクの盗難対策以外にも様々な使い道がありそうですね。あまりなじみのないサービスかもしれませんが、今後レンタルGPSというものが一般的になれば、安心してサイクリングができます。ロードバイクの盗難予防にレンタルGPSという選択肢を頭に入れておくといいでしょう。

■まとめ

ロードバイクの盗難対策として、レンタルのGPS発信機を利用した盗難車の追跡という方法を提案してみました。もし興味があるならネットなどでGPS発信機のレンタルについて調べてみてください。GPSをレンタルして便利に使っていきましょう。

関連記事

  1. スポーツやイベント

    GPS発信機はスポーツイベントやレジャー・観光で利便性を発揮!

    GPS発信機には、浮気調査などの追跡に利用するイメージが強いのではない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年2月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
  1. 浮気調査・行動調査

    GPSを使った浮気調査
  2. スポーツやイベント

    GPS発信機はスポーツイベントやレジャー・観光で利便性を発揮!
  3. スポーツやイベント

    ロードバイクにレンタルのGPS発信機を取り付ければ盗まれても追跡ができる
  4. CloudGPSの操作説明

    GPS操作マニュアル
  5. スポーツやイベント

    スポーツやイベント
PAGE TOP