浮気調査・行動調査

GPSを使った浮気調査、その基本を伝授します

正確な情報はありませんが、浮気をする人が後を絶ちません。最近は女性の浮気も増え、某国会議員もマスコミを賑わしましたよね。そこで今回は「浮気」をGPSを使って調べる方法をお知らせいたします。

■GPSの種類と使い方

GPSには過去の行動パターンが分かる「記録型」GPSとリアルタイムで位置情報を確認できる「リアルタイム型」GPSの2種類があります。それぞれに目的に合った使い方をすることができます。

GPSは購入しても良いですが、レンタルして使うことをおすすめします。それは以下に説明するように、状況に応じた使い分けをするためです。

それでは浮気調査にはどちらのタイプが適しているのでしょうか?これは「状況に応じて」使い分けることをおすすめします。「浮気をしているかもしれない」という状況ではまず記録型GPSを使います。

そして高い確率で浮気をしているという確証が取れればリアルタイム型GPSに切り替えて、いわゆる「現場を押さえる」ために使います。滞在しているラブホテルに出向き、二人が出てきたところを写真撮影します。

浮気の証拠として写真を撮る場合には、リアルタイム型でなければなりません。記録型GPSでは「現行犯逮捕」ができず、言い逃れされてしまいます。例えば車は友人に貸していたとか、自分はこの時間帯に車を使用していなかったと言い逃れます。

■自分で調査するか、それとも探偵社に依頼するか?

GPSは一般的に自動車の底部に取り付けます。浮気をしているらしいという段階で探偵社に任せるのも良いでしょうが、不確かな段階ではまず、自分で配偶者の移動記録を記録型GPSで確認することから始めましょう。

浮気現場を想像して、自分ではやりたくないと思う人は最初から探偵者にお任せするのも、もちろんOKです。仕事を持っていて自分で調査する哀感が取れない場合も探偵社にお任せすることになるでしょう。

そして、記録型GPSを見ると定期的にラブホテルに滞在していると思われた段階で探偵社に依頼することになるでしょう。浮気現場を押さえるには時間と根気が必要ですし、ラブホテルまで出かけるのは気分的に良くないでしょうから、ここは専門家にお任せするのが得策です。

■浮気の現場を押さえる

リアルタイム型GPSで車の位置を確認して、滞在しているラブホテルを特定して、ホテルの出口で待ち構えます。そして2人でホテルから出てくるところを写真撮影すれば、動かぬ証拠となります。 証拠写真の使い方はあなた次第ということになります。離婚訴訟の証拠として使っても良いですし、また浮気を許す場合の「2度と浮気をしません」の誓約書のような使い方でも良いでしょう。

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

TEL050-3160-9598(携帯可)
営業時間:月~金 10:00~17:00
電話込み合いの場合は、上記メールでご連絡ください。